副ブログ記事一覧 (社会・科学・その他)

EU離脱を問う英国国民投票

image: 

EU flag

今日、英国にて、EU(欧州連合)からの離脱を問う歴史的な住民投票が行われました。その結果、拮抗した結果(52:48)ながら、EUから離脱することが決まりました。 衝撃の結果でした……。身近に目撃した政治決定という意味では、私の人生最大です。 本稿では、その背景を英国在住の私の観点から見ていきます。

そもそもの背景

英国は、日本や他の多くの国と同じく間接民主主義制なので、 ある議題をめぐって英国全国民による国民投票が行われることは極めて稀です。 歴史上、これが3回目になります。 1回目は 1975年のEU加入を問うもの、2回目が 2011年の選挙制度改革を問うものでした。

どういう場合に国民投票が実施され、またその結果の強制力がどうであるかは、英国法律上、憲法上の規定はありません。 今回、この国民投票は、英国下院(庶民院)与党の保守党キャメロン内閣によって提案され、 議会にてその実施のための関連特別法律が可決、制定された後、実施が決まりました。

その背景には、EU離脱をそもそもの党是とする、UKIP(英国独立党)が 2014年の欧州議会選挙で躍進し、同議会の英国選出議席中で第一党になったことがあります(UKIP 24議席、労働党 20、保守党 19)。 (EU離脱を問う住民投票を要求する)UKIP党の影響が無視できなくなったことに加え、 保守党党内からの圧力もあり、保守党政府は国民投票実施に踏み切り …

Tags: 

AlphaGo—囲碁対戦人工知能の驚異

image: 

李世乭対AlphaGo第5局のある局面

ごく最近、人類最高の囲碁棋士の一人が、囲碁対戦ソフトウェアに5番勝負で 1勝4敗で破れる、という事件がありました。 衝撃的なニュースでした……。 その背景、そして私の思うところをまとめます。

人工知能の歴史

一般に、人間の思考に近いことを計算機(コンピューター)にさせる場合、それを人工知能(AI: Artificial Intelligence)と呼びます。人工知能の概念自体は、古くからありました。たとえば、鉄腕アトムは、人工知能そのものです。あるいは、アーサー・C・クラークの古典SF『2001年宇宙の旅』では、人工知能ハルが登場します。

面白いのは、『2001年宇宙の旅』の人工知能ハルは、人間と普通に会話している一方で、「チェスもかなり強い」(が、最強の人間相手だと負けるかも?)というのが売りでした。つまり、当時、巨匠クラークも、人工知能にとってはチェスよりも会話の方が簡単、と見なしていたんですね。仮に人間の赤子のように人工知能が成長するものであれば、確かにそうなりましょうか。幼子はまず会話能力を獲得し、チェスが指せるようになるのは、ずっと後になってからですから。

Tags: 

2015年ノーベル物理学賞

標準理論が含む素粒子の一覧。ウィキペディアより。

2015年ノーベル物理学賞は、梶田隆章氏およびカナダのアーサー・マクドナルド氏に授与されました。受賞研究は、ニュートリノ振動の発見です。以下、まずその科学的背景について、僕の言葉で解説します。後半では、その文化的考察も述べます。

Tags: 

二つの風船の実験の解説

ここに二つの風船があります。 それぞれを異なる大きさに膨らませます — 小さい方と大きい方とに。 さて、この二つの風船の口をつなげると、何が起こるでしょうか? 考えてみて下さい!

Schematic view of the two-balloon experiment quiz.

これは、比較的有名な問題で、「二つの風船の実験」と呼ばれます。 結果は、実は直感に反するものになります。

本稿では、何が起きて、そしてなぜそうなるかを解説します。 第2章では、古典物理の法則を用いて性質を導き出します。 第3章では、方程式を使うことなく直感的な解説をしてみます。

ウェブ上に解説はいくつか散見されたものの、いずれも満足のいくものではなかったこともあり、書きあげたものです。

Tags: 

情報リテラシーの育て方

玉石混淆の情報の氾濫する現在、 「受取った情報の中で正しいものを選び取る」 にはどうしたら良いでしょうか? 政府の公式情報は常に信頼できるでしょうか? マスコミは偏向していませんか? ネット情報は有象無象の人々が嘘八百を述べているかも知れませんね!

先日、 「Risk by Dan Gardner」 というブログを書きました。 リスクが、人間の日常の判断にいかに大きな、多くの場合不要かつ有害な、影響を与えているか、ということをクライマーの視点からまとめたものです。 以下では、それも踏まえて、「受取った情報の中で正しいものを選び取る」技術、つまりは情報リテラシーをどのように深め育て、涵養していくか、自分なりの指針をまとめてみました。

サイディング・スプリング彗星と地球と人類と

2014年10月19日の晩(世界標準時)、サイディング・スプリング彗星 (C/2013 A1)が火星に最接近しました。彗星の核は直径わずか 700メートル、彗星としては極めて小さいものです。しかし、これが特異だったのは、火星に衝突しそうなほどのごく近いところを通ったことです。火星中心からの距離わずか 11万キロメートル、宇宙的にはニアミスもいいところです。人類が知る限りにおいて、火星と彗星の抜群に最接近記録です。

ノーベル物理学賞と青色発光ダイオード(LED)

今年のノーベル物理学賞が発表になりました。 日本人三人(正確には、中村修二さんは米国籍ですが)による受賞です。

近い将来、中村さんのノーベル物理学賞は確実だと 15年前に 僕は思っていたもので、むしろ遅過ぎるくらいでしょう。

今回の受賞理由は、(実用的)青色発光ダイオード(LED)の開発成功でした。 過去三十年間以上で、人類の日常生活にまで 直接の多大な影響を与えた物理学上の成果という意味で、 青色発光ダイオードの開発成功に勝るものはないと思います。 ノーベル物理学賞は確実だと、僕も含めて多くの物理学者や 半導体業界の人々が信じていた所以です。

念のため、「物理学上」が鍵です。たとえば、インターネットの隆盛は 間違いなくそれ以上の影響を与えていましょうが、それは明らかに 「物理学」ではありません。GPSも、あるいは計算機(コンピューター)の進化も、 工学の成果であって、物理学ではありません。 もっとも、青色発光ダイオードの開発が物理学と言えるかどうか、 という疑問の声は聞きました。 確かに化学や工学と重なる部分なので、それは一理あると思います。

以下、背景と僕の聞き知るところをちょっと解説します。

Tags: 

独立が住民投票で否決されたスコットランド

予定通り、スコットランド独立を問う住民投票が行われました。 そこで、現地、蘇格蘭から続報です。

報道の通り、僅差ながら現状維持派(=[独立に]No)が独立派(Yes)を上回る 結果となりました。

投票率 85%! 先進国の全国選挙としては驚異的です。 英国の全国投票としては 1928年に女性へ選挙権を与えるかどうかが 争点になった選挙以来の高投票率だったそうです。 日本の特に参議院だと 50% を切ることもあることに比べれば、 大変高い投票率です。

スコットランドの人口は日本の十分の一未満だから単純比較は 不公平とは言え。

今回、半年前の時点では、現状維持派がずっと多かったところ、 選挙日が近づくにつれて独立派が猛烈な追い上げをかけて、結果は 蓋を開けてみるまで分からない、と言われました。実際、世論調査に よっては、独立派が現状維持派を僅かに上回る、という結果が報道された こともありました(選挙日の 10日前)。

世論調査の推移は、例えば以下

スコットランドの歴史

スコットランド独立問題に関係して、スコットランドが世界中で話題になっています。 そこで、背景となるスコットランドの歴史をまとめてみました。

ローマ時代からノルマン征服まで

ブリテン島が歴史の表舞台に登場するのは、 紀元一世紀(43年)にローマ人が侵略開始して統治してからです。 それ以前はケルト人の土地でした。ちなみに、有名な世界遺産 ストーンヘンジは、欧州本土からケルト人がやってくる以前、 先住民によって建設されたもの、というのが定説のようです。

当時、ローマ人がバース(Bath)村に建設した温泉が、現在の英語の bath (風呂)の語源です。あるいは、英国の地名で、"c(h)ester"が 語尾につくもの、たとえば、マンチェスター(Manchester)、 ウスター(Worcester)、レスター(Leicester)は、当時由来です。

スコットランド独立を問う住民投票を間近にして

今、 スコットランドで、イギリス国からの独立を問う住民投票が 間近に迫っています(投票日は 2014/9/18)。 スコットランドにいると、当然、その雰囲気をひしひしと感じます。

以下、解説と浅見を書いてみました。
半ば旅行ガイドの雰囲気になっています。お気軽にお読み下さいな。 そして、よろしかったら美しきスコットランドに是非お越しあれ!


英国の中のスコットランド

英国(イギリス国)の正式名称は 「グレートブリテン及び北部アイルランド連合王国 (The United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland)」 です。グレートブリテン島の北部全体、面積にして島の三分の一ほどが スコットランドです。一方、(コーンウォール地方から海峡を隔てた 北側の)同島南西部の面積にして十分の一ほどがウェールズで、 残りがイングランドです。

Front page feed を購読