▲欧州的登山生活▲

→ 次へ← 前へ↑ 目次へ



第32号: 冬はグリット石の季節(スタニッジ・エッジ)

発行日
2006/09/04
発行者・筆者
まさ (坂野正明)

まさです。
1月、英国に戻ってきたら早速、岩登りに精出しました。 冬は、(ピーク地方によく見られる)グリット石が最高の条件になる、と言われます。 実際、英国が誇るグリット石の最難ルートは、ほとんど冬場に登られた はずです。……寒いんですけどね、冷たいんですけどね。

以下、英国岩登りの代名詞的存在、スタニッジに行った 時の記録です。最高の条件のもと、岩登りを楽しんできました。 併せて、フリークライミングの二種類について解説しています。 また、「地図に使われる英単語」にて、肝腎の「山」を主題におきました。 お楽しみあれ。

目次


登山記録編 〜〜 冬はグリット石の季節(スタニッジ・エッジ) 〜〜

アダムとピーク地方へ。 今日は天気よさそう。南向きの スタニッジ・エッジへ向かう。 寒いから人も少ないだろうし、久々のポピュラー(Popular)に。

最初、アダムのリードで腕慣らしの後、 僕が三つ星 VS の Hargreaves' Original Route へ。スラブのフェースを登るルートだ。

気温 3℃と冷え込む今日、摩擦の効きは最高に素晴らしい! どう足を置いても滑らない気がする。グリット石の面目躍如か。 ルート自体は、結構高度感があり、中間支点も「大丈夫」という程度。 スラブのフェースとしては、悪くない、と言えるかも知れないが、 VS としては、少し怖い部類に入りそう。適度の緊張と楽しみとを 味わいつつ、ピッチを登り切った。

フォローのアダム、今日のコンディションなら、これは「簡単」だぁ、 と嬉しそうに楽々と登ってきた。 2週間前とは大きな違いだこと。

最後、アダムは、こんな素晴らしい日なら……と久々の HS (Christmas Crack) に挑戦。楽に登り切っていた。

今日、コンディションとしては、僕の今までのピーク地方経験の中で 最高だった。そう、冬は、グリット石の季節です!

△以上、記録の一部。全文は、以下に載せました。
http://alpiniste.hp.infoseek.co.jp/record/uk/20060128_stanage.jis.html


登山ミニ知識編 〜〜 伝統登攀とスポーツクライミング 〜〜

(第21号「フリークライミングとエイド」からのつづきになります。)

当メルマガ第21号で、フリークライミングでは、 中間支点を作っても それは落ちたときの保険としてのみ使う、と書きました。 では、中間支点をどうやって作るか、というのが、当然次の 疑問でしょう。実は、この中間支点の作り方によって、現代 (ロック)クライミングが二種類に大別されます。

まず、一つは、ある意味で昔ながらの方法、つまり、自然のもの(たとえば 岩場の中程に生えている木の幹)を利用したり、あるいは自分で 工夫するなりして、その場で作っていく方法です。これを 伝統登攀(trad(tional) climbing)と言います。 一方、最近は、支点を事前(=登る前)にあらかじめ作っておく場合があります。 これをスポーツ・クライミング(sport climbing)と言います。
(注!) なお、いずれも英語での話なので、 日本語でこれらの用語が一般的かどうか僕は存じません……。

今の日本のフリークライミングは、ほとんどスポーツ・クライミング だと思います。実際、フリークライミング用の岩場は、「ゲレンデ」と よく呼ばれます。「練習場」という響きですね。

どちらの方法を取るにせよ、 支点(プロテクション)というからには、その支点は、しっかりしてい る必要があります。人間の体重を 80kg として(←軽い人も重い人も いるでしょうが)、その支点から 10 メートルとか落ちた場合、瞬間 的には、支点への力は 10kN (約1000kg重)を超える可能性もあります。 つまり、支点は、理想的には 1トン(できれば 2トン)の力を支えるくらいの 強力なものが欲しいところです。

たかが中間支点、されど中間支点……。実際、中間支点の強度は、 大袈裟でなく、時に生死を決します。 今後、二、三回にわたって、中間支点について、述べていきます。 お楽しみに (^^)


登山ミニ英語編 〜〜 地図に使われる英単語 (その三) 〜〜

今回は、地図に使われる単語のうち、いよいよ「山」をテーマに採り上げます。 一部、辞書では北イングランド方言とされているものもあります。 しかし、イングランドの山は北部に集中しているので、実質上、 これらの単語は標準的な英語として使われます。

  • hill: 丘/山
  • mountain: 山
  • fell [running/runner]: 山/丘 [登山マラソン/選手]
  • tor: 小高い山 (地名や連語として使われるのが普通)
  • peak/summit: 山頂 (用語としては top でもいい)
  • moor(land): (ヒースなどで覆われた)原野
  • rock: 岩
  • outcrop: 岩場の中の突出した特徴ある構造
  • crag: 絶壁
  • (vertical) cliff/wall: 崖
  • boulder: 巨石 (高さ 1〜数メートル。たとえば、河原の巨石)
  • [dis(used)] quarry: 石切場[跡] (地図上で "(dis)" は disused の略)

△以上、以下の「登山ミニ英語編」にも載せました。
http://alpiniste.hp.infoseek.co.jp/lang/english.html#map-mountain


Webページ更新情報


次回予告

次回は… 「ヨークシャーデール初体験」

See you later!


発行: まさ
WWW page: http://alpiniste.hp.infoseek.co.jp/
email: alpin…@s…

このメイルマガジンは以下のサイトのシステムで発行しています。

めろんぱん
http://www.melonpan.net/
melma!
http://www.melma.com/

メイルマガジンの登録・解除は以下のページからどうぞ。
 http://alpiniste.hp.infoseek.co.jp/magazine/

お便りについて。

歓迎します! お便りはマガジン上で紹介させてもらうかも知れません。 ハンドル名(と差支えなければ居住都道府県)をお書き添えください (無指定の時は平仮名略字表示にします:「世界の環境ホットニュース」 方式)。逆にもし紹介して欲しく無い場合はその旨、明記下さい。



→ 次へ← 前へ↑ 目次へ