旧「欧州的登山生活」から、同サーバー閉鎖後、(数年ぶりに!)復活、引越してきました(2014年10月)。旧文書の中には内容的に多少古くなっているものがあることは否めませんので、ご承知おき下さい。当サイトは今後暫くは、登山の安全に関する投稿(英語)が中心になります。日本語版も少しずつ更新できれば、と思います。なお、英語版はサイドバーから言語を切替えることでアクセスできます。

Static ropes for climbing

Climbers in general are, unlike dynamic ropes, not main users of static ropes. The predominant use of static ropes is industrial use, such as, in a work environment of tall buildings, towers (oil-rigging etc) and for ships and tree-climbing. Within sports, apart from marine sports like sailing, it is heavily used in caving and canyoning.

After all, to climb something ground-up, which is arguably what climbing is all about, climbers vitally need dynamic ropes to absorb a shock in potential falls. Even though there is some use for static ropes in climbing as summarised in the text, its use is somewhat limited, though you really want one when you do.

For that reason, the knowledge about static ropes by climbers, as well as stocks of them in climbing shops, tends to be limited, whereas a large number and variety of static ropes are available in the market, which can be confusing. Here is my attempt to summarise what is the feature to look for, and what sort of models are available as of 2016 in the market.

Tags: 

Cross-loading on knots

Image of Bowline knot and standard and cross-loads

Cross-loading — this word may give a chill in the spine of climbers. It is a real terror, be it with a karabiner or knot. In the industry they adopt the simple and very straightforward solution for this. Just use super-strong metal links, a.k.a., absolute bombproof steel maillon rapides, wherever in suspect.

In climbing, whereas the same approach is indeed recommended in some cases like a group activity of abseiling or bottom-roping, the weight, bulkiness and awkwardness in use of steel maillons put off most, understandably and justifiably in many cases. Instead, climbers usually use either a climbing-rated (aluminium) karabiner or knot to bear with cross-loading. We climbers know it is not ideal, but we are also somehow confident they are strong enough for our purposes.

But how confident are you?

I have a look at this issue in this post, along with a recently created video.

Tags: 

How to keep the hands warm in winter-climbing

Image:Gloves for winter activity

Extremities or fingers sometimes get cold during winter climbing. The inevitable requirement in winter-climbing of dexterity with hands does not go well with your wish to keep them warm. Winter climbers somehow must find a solution, which works for you, keeping a good balance in between.

Here I am explaining the principle and theory behind it and the practical tips I have found over the years, which have been either deduced from or backed up with the theory. Have functional hands even in cold, and enjoy glorious winter-climbing!

Tags: 

AlphaGo—囲碁対戦人工知能の驚異

image: 

李世乭対AlphaGo第5局のある局面

ごく最近、人類最高の囲碁棋士の一人が、囲碁対戦ソフトウェアに5番勝負で 1勝4敗で破れる、という事件がありました。 衝撃的なニュースでした……。 その背景、そして私の思うところをまとめます。

人工知能の歴史

一般に、人間の思考に近いことを計算機(コンピューター)にさせる場合、それを人工知能(AI: Artificial Intelligence)と呼びます。人工知能の概念自体は、古くからありました。たとえば、鉄腕アトムは、人工知能そのものです。あるいは、アーサー・C・クラークの古典SF『2001年宇宙の旅』では、人工知能ハルが登場します。

面白いのは、『2001年宇宙の旅』の人工知能ハルは、人間と普通に会話している一方で、「チェスもかなり強い」(が、最強の人間相手だと負けるかも?)というのが売りでした。つまり、当時、巨匠クラークも、人工知能にとってはチェスよりも会話の方が簡単、と見なしていたんですね。仮に人間の赤子のように人工知能が成長するものであれば、確かにそうなりましょうか。幼子はまず会話能力を獲得し、チェスが指せるようになるのは、ずっと後になってからですから。

Tags: 

Invitation to rock climbing in Scotland

Scottish winter climbing is world-famous like Ben Nevis North Face. Then how about (summer) rock climbing?

I had very little idea about that before I moved to Scotland, except for a few stories like Old Man of Hoy and Cuillin. Having experienced (some of) them now, I have to say I am mightily impressed. This post is meant to be an introduction for Scottish rock for southeners to get an idea!

I guess a guy's comment in the UKC-forum discussion about the best xxx routes in the country summarised it well…

Unleash the Beast

A sharp end at am I. The terrain is continuously overhanging, and so is energy sapping. I must move quickly, shutting out the fear for the unpredictability.

With a little momentum I reach for a rounded little bulge above, expecting it to be decent enough at the back to hold. No, it's not! It is too rounded.

Take!

… I investigate what went wrong and what to do as a climber, which may make climbing a little safer as a bonus.

2015年ノーベル物理学賞

標準理論が含む素粒子の一覧。ウィキペディアより。

2015年ノーベル物理学賞は、梶田隆章氏およびカナダのアーサー・マクドナルド氏に授与されました。受賞研究は、ニュートリノ振動の発見です。以下、まずその科学的背景について、僕の言葉で解説します。後半では、その文化的考察も述べます。

Tags: 

登山家の視点からの『岳 —ガク—』

東宝サイト上の映画『岳 —ガク—』のポスター ©東宝

2011年公開の邦画『岳 —ガク—』を遅まきながら観たので、当サイトの趣旨に沿って、クライマーの目から見たレビューを以下に。 純粋に、登山、クライミング、山岳救助として現実性を述べます。 一方、映画の筋や役者の好演あるいは大根演技などは、批評眼がある方々にお任せします。

以下は内容のネタバレ満載なので、ご注意下さい。 また、原作は読んだことがないので、以下はあくまで映画を観ての感想です。

総評

登山を扱った映画として、個々のシーンに…

Tags: 

二つの風船の実験の解説

ここに二つの風船があります。 それぞれを異なる大きさに膨らませます — 小さい方と大きい方とに。 さて、この二つの風船の口をつなげると、何が起こるでしょうか? 考えてみて下さい!

Schematic view of the two-balloon experiment quiz.

これは、比較的有名な問題で、「二つの風船の実験」と呼ばれます。 結果は、実は直感に反するものになります。

本稿では、何が起きて、そしてなぜそうなるかを解説します。 第2章では、古典物理の法則を用いて性質を導き出します。 第3章では、方程式を使うことなく直感的な解説をしてみます。

ウェブ上に解説はいくつか散見されたものの、いずれも満足のいくものではなかったこともあり、書きあげたものです。

Tags: 

ページ

Front page feed を購読